Potion Craftの体験版を遊んだ

未分類

Steamで体験版配信中の「Potion Craft: Alchemist Simulator」の体験版を遊んでみました。
遊ぶきっかけになった記事↓

錬金術師シム『Potion Craft』Steamにて9月21日に早期アクセス配信へ、日本語対応。お客の要望に合わせてポーションを調合 | AUTOMATON
パブリッシャーのtinyBuildは9月3日、『Potion Craft』のSteamでの早期アクセス配信を、9月21日に開始すると発表した。『Potion Craft』にてプレイヤーは新米錬金術師となり、とある町でポーション屋を営む。

体験版ぶっ続けで遊んでしまった……まだ終わる気配ないけどw
いやーお値段次第だけど発売したら買うわ……!!

感覚はポケモンのポロックを作る感じ!
あのタッチペンでグルグル回すの好きだった……早く回すとこぼれたりするんだよね。

ポーション作りは地図の探索!

おもしろいのが、ポーションの効果を発生させるために地図の上にあるアイコンへたどり着くこと。
材料によって行く方向、距離が変わる。
すりつぶしてから使うと地図の上を移動できる距離が長くなる。
これを組み合わせて目的のアイコンへたどり着くってのがよい!!

水道管ゲームだっけ?
ルートを作って目的のところまでいくパズルゲーム、そんな感じです。

闇雲に素材を突っ込んで地図を探索するとすぐに足らなくなってしまうのが
ちょっと残念……。そのせいで断った依頼も多い。

住人の依頼が面白い

どこかでみたことあるようなウイッチャーさんが来店したり。

寒い日でも体をあっためるビール作るから火のポーションくれ!と言われたり
(出来たら飲みたいなぁと思うけど飲んで大丈夫なのか?)

理由は言えないが即効性の強い毒をくれと言われたりします。
どうやら誰の依頼を受けるかでルートが変わるシステムがあるらしい?

この人たち絶対暗殺者ギルドの人でしょ。お前を見ている。

庭を拡張したい

素材は毎朝庭で取れたり店にくる商人から買うんだけど
数や種類が少ないので拡張できたらいいな、と思った。でもアップデートの予定にはあるみたい。

しかしビジュアルがいいなぁ。
中世ファンタジー!って感じが凄くイイ。

ビンのデザインも変えられるよ

ビンの形とか色とか変えられるのもいい~! 瓶の形はポーションのランクで設定できるみたいです。

私は面倒でこの辺はいじってないけど、自分の好きなデザインに出来るのはいい。
毒はアトマイザーにしたい。丸いポンプ付きのアトマイザーって好きなんだよねぇ。

発売日は9/21。お値段はまだ出てないんだけど3000円以下なら買います。
ちょっと金欠なのでそれ以上だとセール待ちになるかな。
でも出来たら発売日に買いたいなと思うゲームでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました