タイトル考えるの面倒くさい

シェアする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

記事名通り、

毎日更新してるとタイトル考えられなくなってくるよね。私は古の同人ババアだった頃書いた小説のタイトルを決められなくてお題に頼りまくっていたよ。

それはさておき今日はnoteを更新しました。

今日はめっちゃ寒い。夜中に何度も起きたし気圧も低いらしい。そして1ヶ月で一番体調の悪い日だ。 朝からどんよりした雲に負けないくらい重い体を引きずって出社したので今日はもう勝利条件達成でいいや。ああカフェオレかミルクティー飲みたい。牛乳とインスタントコーヒーだけのシンプルなやつ。 ついでに職場での飲み物にずっと悩ん...

凄い、ちゃんとそれっぽいタイトルがついてる。やるじゃん朝の私。

劣等感は自分の中からくる。

noteにもちょっと書いたけど今日はメンがヘラっていた。午前中は仕事しながら自分を呪いまくっていたし、午後は呪いまくっている自分にキレて一周回って元気に仕事をしていた。

自分で自分を責めるのは得意だ。これだけは自信を持って得意だと言える。でも自分で自分を呪うのが上手いのならその逆も上手いんだよね、というのが最近の考えだ。

そうは言ってもなかなか切り替えられないので、自分に対してキレることにしている。「お前マジ自分がクズとか誰に対して言ってる訳?」とかそういうキレ方。鬱より感情爆発するタイプはこれやってると面白くなるかもよ。

話が反れまくったけど、ゲームの話。

自分にはプレイを誇れるゲームが無い。

同居人やTwitterのフォロワーさんはトロコンとか縛りプレイとかガンガンやる人だ。同居人は私が買った真女神転生ディープストレンジジャーニーは新ルートみんな制覇していたし、デビルサマナーや異聞録の方のペルソナもかなりやりこんでる(らしい/聞いても私は挫折したのでよくわかってない)

私もBloodborneをトロコンしたりソウルシリーズをクリアするくらいなら出来る。ここを読んでいる人は、それは胸を張って言えることなのでは?と思われるだろうけど自分がクリア出来たものはクリアしてしまったからこそ、そこまで難しくないと思ってしまうのだ。

これは「自分が出来たんだから他人も出来るはず」という思考なので、あんまり好きじゃない。好きじゃないけど、こういう思考回路を私は持っているし育てている。これをなんとかしたいなー。

自己肯定感を育てる、というのは最近よく聞く、というのをよく見聞きするくらい身近なことになってきたが、出来てると認識はしているけど大したことではないと思っているのはどうしたらいいんだろうか。

今日もゲームを触っていない。触っていないからこそこんな風に考えるんだろうな。最近は夢中になりきれないんだ。

龍が如く7は、夢中になれるといいな。楽しみにしているけど、ボリュームが凄いゲームだからクリア出来るか不安だ。

そうそう、今月のPSplusはアンチャーテッドコレクションらしい。

これも気になってて今回のセールで買おうか迷って積みそうだから止めたゲームなんだけど、来てしまった。クリアしたいなぁ。

0
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

フォローする